宮崎西部不動産

宮崎市の西部(小松台・小松・大塚)地区の売地・売家・賃貸・管理等のことなら総合不動産業の『宮崎西部不動産』にお任せください。精一杯、お客様をお手伝い致します!

お問い合わせはコチラから
TEL 0985-71-1548
〒880-2112 宮崎県宮崎市大字小松1763番地36
営業時間:AM10:00~PM6:00
定休日:毎週水曜日・日曜日

戸建とマンション、どっちがいい?

記事投稿日:2016年12月1日

お客様から『戸建とマンション、どっちがいいのでしょうか?』と聞かれることがよくあります。

もちろん、どちらかが正解というわけでありません。
ただ、私の場合はいつもこのように答えています。

シンプルな回答になりますが、利便性のある街中に住みたいのであれば、マンションが良いかと思います。お店や病院、駅やバス停なども近くにある場合が多いので、老後も暮らしやすいです。

セキュリティもしっかりしており、建物の構造や耐久性から、戸建よりもメンテナンス費用がかかりません。ただし、管理費や修繕積立金、駐車場も別途費用がかかる場合が多いので、ゆとりを持った住宅ローンの返済計画を組む必要があります。

では、戸建の場合はどうでしょうか?
街中では土地も高額ですから、建物も含めるとかなりの総額になってしまいます。

しかし、戸建の場合は減価償却で建物の評価は落ちても、土地の評価はほとんど変わりません。逆に周辺に売地がなければ、不動産として高く取り引きされる場合もあります。マンションの区分所有と異なり、戸建の場合は土地は減価償却資産ではないので、資産形成のメリットが大きいと考えます。

縁起でもありませんが、地震で全壊しようと、火事で全焼しようと、戸建の場合は土地だけは必ず資産として残るのです。

住まいに何を求めるのか?
老後の生活はどうするのか?
ご両親との同居もあるかもしれない。
実家に帰るのであれば、将来 売るか貸すかも検討しないといけない。
人それぞれ、状況が違いますから、最初に述べたように、どちらかが正解ではないのです。

将来のライフプランも考えながら、『戸建』と『マンション』どちらが自分達に良いのか?
ご家族でじっくりと話し合って検討してみましょう。