宮崎西部不動産

宮崎市の西部(小松台・小松・大塚)地区の売地・売家・賃貸・管理等のことなら総合不動産業の『宮崎西部不動産』にお任せください。精一杯、お客様をお手伝い致します!

お問い合わせはコチラから
TEL 0985-71-1548
〒880-2112 宮崎県宮崎市大字小松1763番地36
営業時間:AM10:00~PM6:00
定休日:毎週水曜日・日曜日

地盤調査で予想外の改良工事費用が発生した!!

記事投稿日:2016年4月6日

■建築前に『地盤調査』義務付けられています。

住宅を建てるときは、土地が家を支えるだけの力を持っているか『地盤調査』を行うことが義務付けられています。そして土地の強さに問題があった場合は、住宅の地盤沈下を防ぐための『地盤改良工事』を行う必要があります。地盤の状態によっては100万円以上の改良工事費が発生する場合もあり、建築計画が行き詰まってしまう危険性もあるのです。回避する方法は、はたしてあるのでしょうか?

 

①はじめから予算に入れておく
宮崎は元々地盤が弱いところで、実は2~3割程の確率で何らかの地盤改良工事が発生します。改良工事が発生する可能性を考えて、はじめから余裕を持って予算組みを行いましょう。地盤に問題が無ければ、その資金を住宅設備や家具にまわせる『ゆとり』も生まれます(80~100万円は改良予算をみておきましょう)。

 

②住宅会社に聞いてみる
建築予定の住宅会社が依頼している地盤調査会社に、近隣の調査データがないか調べてもらう方法もあります。改良工事が発生しやすい地域かどうかの目安にすることができます。

 

③ちょっとした見極め方があります
『以前、畑や田に使われていた土地だった』『周囲の住宅の外壁や基礎に亀裂が入っている』『敷地内や隣の外柵ブロックが傾いている』
これらの条件に当てはまっている場合、必ずではありませんが、地盤が弱い可能性がありますので同様に資金計画にはゆとりを持ちましょう。

 

誤解がないように補足しますと、地盤改良が発生した土地=良くない土地ではありません。地盤改良は造成したばかりの分譲地、それまで住宅が建っていた土地にも発生する可能性があります。周囲は大丈夫だったのに、その土地だけが弱かった場合もありますし、その逆もあり得ます。地盤調査・地盤改良は住宅の不動沈下を防ぐ為の対策であり、修繕にかかる高額な費用を最小限に抑える為の方策と考えるべきかと思います。